マガジンのカバー画像

ドングリFMアドベントカレンダー

40
ドングリFMリスナーのアドベントカレンダーに参加しているnote記事です。
運営しているクリエイター

2020年12月の記事一覧

なつめぐがドングリFMで好きな回

ドングリFMの声の高い方、どうもなつめぐです。

なんやかんやでポッドキャストをやり始めて6年。今日現在で665回。これまでに随分といろいろなことがありました。

今日はなつめぐが特に思い出に残っている回を振り返りたいと思います。

▼好きな回自然が楽しい最初はこれ。今は無き豊島園で釣りしている回。鳥の鳴き声や魚が釣れそうな臨場感が伝わってきて楽しい。優しい気持ちになれる回。

ツボったwwこれす

もっとみる
ありがとうございます。おすすめのドングリFM聖地は「光が丘公園」です

おじさんと熱狂とあこがれと。

学生の頃からずっとラジオに触れてきて、聴くのが今や習慣になっている音声コンテンツですが、個人的に今最もアツいPodcastのうちの1つがドングリFMだと思っています。

ちゃんと『ラジオ』をやっていて、かつ熱狂が周りにあるすごい番組。

そして、パーソナリティのお二人を始め、リスナーさんも尊敬できる方々なんです。発信をしている身としても、社会人としても、僕の『あこがれ』が詰まっていると言ってもいい

もっとみる
なんとスキを押してくださるとは…。皆の者!愛の神様が舞い降りたぞ!

ドングリFMを聞いて考えた「めんどくさくないおじさん」になるためのポイント

これは、ドングリFMリスナーの Advent Calendar 2020 22日目の記事です。

ドングリFMの中で、僕がもっとも印象に残っているのは、「おじさん」について語られた以下の回だ。

僕は来年40歳になる。この回で語られているとおり、「美味しんぼ」や「課長島耕作」を愛しているし、「ジャンプ」よりも「モーニング」を面白いと感じる。

野球漫画を読むにしても「選手として甲子園を目指す!」よ

もっとみる
はげみになります!

人生で交わるはずのなかった人たちにどっぷりハマった一年。〜「ドングリFM」との2020年〜

インターネットはおもしろい。炎上やヘイトが飛び交う殺伐とした2020年のネット界隈において、そう思わせてくれたのがドングリFMだ。しかしパーソナリティであるnarumiさんとなつめぐさんへの当初の印象は、「もし学生時代に同級生だったら、きっと友達になっていないタイプの人たち」ということ。僕は子どもの頃から "いかに怒られないように生きるか" を徹底してきた。だからもし二人がクラスメイトにいたら、「

もっとみる
励みになります!

私のキュレーターNarumiさん

先日のこの放送を聴いて、「あー、私のキュレーターはNarumiさんだなあ」なんて思って聴いてた。

セトウツミにもハマったし、ペコッターは使ったし、ゴロゴロチキンカレーは食べてたし、いまはサラリーマン金太郎を読み始めてて、ここ数年自分の中のトレンドはNarumiさんに占拠されてます。

でも唯一できてないのが「セブンのアイスコーヒーの氷買って駐車場でお酒飲むやつ」で、中途半端な恥ずかしさでぜんぜん

もっとみる
ありがとうございます!嬉

楽しいラジオ ドングリ.fm

このエントリは「ドングリFM 」Advent Calendar2020 19日目の記事です。

「ドングリ.fm」「裏ドングリ」については番組準レギュラー(で盛り上げ役でハガキ職人の)941さん執筆のこの記事にまとまっています。
ドングリ.fmを網羅していて素晴らしい!
あなたの知らないPodcastコミュニティの世界 ~ #dongurifm のご紹介~

ドングリ.fmと私私とドングリ.fm

もっとみる
ありがとうございます!

ドングリとあどぼう

 音声コンテンツが好きだ。

昔から好きだったのだが、より好きになったのは20年前の事。酵母研究をしていた頃、頭から苛性ソーダを被ってしまいモロに角膜を溶かしてしまったことがあった。運良く失明は免れたが1ヶ月以上目が見えない状態で生活する中、テレビも漫画もPCも見れない生活の中で唯一楽しめたのはラジオだった。まだポッドキャストはなかったかな?

そんな大好きな音声コンテンツの中でも特に耳を独占して

もっとみる
好きあり~

あのラブレター靴箱に入れたの、実は私でした。

もう小学生でも携帯を持つ時代となった今では、『あんな時代もあったね』と、中島みゆきが歌ってしまうくらいに伝説のような話だけれど。
昔々、手渡しできないラブレターは靴箱に入れると決まっていた。

実は私も中学生の頃、バレンタインにチョコを渡したい男の子がいて、でも、みんながいる前で渡すなんて恥ずかしくて、靴箱に手紙を入れて放課後呼び出してチョコを渡したことがある。
懐かしすぎる思い出です。

あ、ち

もっとみる
嬉しいー😍ありがとうございます!

そっと生活に寄り添うおっさん2人「ドングリFM」との思い出を話そうと思う

このエントリは、ドングリFMリスナーのAdvent Calendar 2020 17日目の記事です。

アドベントカレンダーとは、IT業界のお祭りのようなもので、12月1日から25日まで特定のテーマについて、リレー形式でブログを書いていくイベントです。

ドングリFMってなあに?ドングリFMとは、BuzzFeedの記者・編集者 narumiさん、ドローンの会社をやっているなつめぐさんの2人がお届け

もっとみる
やったー!ありがとうございます(^^)

「何でもない話しが癖になる」ドングリ沼にハマった話し

このエントリは「ドングリFM 」Advent Calendar2020  15日目の記事です。

皆様、はじめまして。もこにゃんです。
ドングリFMアドベントカレンダーにエントリーしたことを機に
noteはじめました。

さて、「何でもない話しが癖になる」ドングリ沼にハマった話しです。

とは言え、仕事中のBGMのひとつで、
ながら聞きの“にわかofにわか”リスナーなのです。

~出会いはVoic

もっとみる
うれしい!ありがとうございます❤︎

Podcastを1年やってみて気づく、ドングリFMの「巧妙なゆるさ」

このnoteはドングリFMリスナーのAdvent Calendar 2020 13日目の記事です。

ドングリFMとはドングリFMというPodcastがあります。Web編集者・ライターのなるみさんと、ドローンの会社をやっているなつめぐさんの2人が、日常に役立つおもしろネタなどを話す番組です。

私は初期の頃からリスナーで、特に家時間の長かった今年は1エピソードを2,3回聞き直したり、母までハマって

もっとみる

ドンクリスマス2020

こんにちは、だん薫です。
この漫画はドングリFMというPodcast番組が企画された
「ドングリFMリスナーの Advent Calendar 2020」の
12日目のカレンダーになります。

🎄🎅 読んで頂きありがとうございました 🤶🎄
引き続き25日まで更新をお楽しみください

ナツメグといって思い出されること

僕は、どちらかというと料理をする方なんだが、ある日、家でハンバーグを作っていたら妻にケチをつけられた。

曰く、ハンバーグの作り方とは、ひき肉に炒めた玉ねぎとパン粉や卵・牛乳などのつなぎを入れてこねて焼く、というのが一般的とのこと。僕が作るハンバーグには、パン粉を入れず、玉ねぎも炒めない。パン粉を入れるとかさ増しをしている気がするし、玉ねぎはゴロッとして存在感があるものだと思っていた。なので、外で

もっとみる
書いてよかった泣

だからみんなに紹介したい。っていうエッセイ。

「あの人は、タダモノじゃないわよ」

これは『日日是好日』序章の書き出しです。茶道を通じた森下典子さんの自伝エッセイ。大好きな本です。

こんにちは、おさむです。

中学生のとき、図書館でよくエッセイを借りて読んでいました。阿川佐和子、大橋歩、群よう子や椎名誠。自由で飾り気がなくて、贅沢をしすぎるわけではなくて、ときどきなんのこと言ってるかよくわかんないけど、なんだか楽しそうに日々を過ごす大人たち

もっとみる
う!れ!し!いー!